榆林那个宾馆有好货

    <sub id="f779l"></sub>
          <span id="f779l"><video id="f779l"><big id="f779l"></big></video></span>

            <pre id="f779l"><thead id="f779l"><big id="f779l"></big></thead></pre>
            <track id="f779l"></track>
            <em id="f779l"><menuitem id="f779l"><nobr id="f779l"></nobr></menuitem></em>

            <menuitem id="f779l"></menuitem>

            <delect id="f779l"><address id="f779l"></address></delect>

                  ニュースセンター

                  ニュースセンター

                  ホーム > ニュースセンター

                  空気の浮遊風を洗浄するための注意事項

                  発売日:2016-07-27      クリックして:

                  私達はすべて空気の浮遊風の機が長すぎる時間の使用を通じて(通って)知っていて、私達はそれに対してきれいに洗う必要があって、それでは私達はきれいに洗う過程の中である必要があります。過程も複雑ですので、分解過程の安全に間違いがないようにするべきです。これは特に注意すべきところです。同時にファンを解體する過程が終わりました。私達は空気懸濁遠心ブロワの各部品をきれいに洗った後、空気懸濁遠心ブロワを再組み立てします。再組み立てする時、どのようなポイントがありますか?

                   

                  ファンを取り外します。まずケースとベアリングボックスを取り外します。この二つの部分を先に取り外さないと、ファン全體の洗浄ができません。第二に、私達は洗濯の過程で特に注意しなければならないのはモーターを直接風機の部分に伝動して分解掃除をしてはいけません。モーターの焼損の機械的故障を防ぐためです。

                   

                  セットファン:まず、ペアの斜めパッドを使って、それをベースに置いてください。次に、空気の浮遊ファンを洗浄しても組み立てても、その調整機構を検査して、回転の柔軟性を確認します。

                   

                  これによりますと、私達はファンを解體したり組み立てたりする時に、これらの要點から著手すべきです。これらの問題に注意してこそ、実際の分解作業の正確性を確保することができます。また、洗浄作業を終えてから組み立てを行う時に問題が発生する可能性を低くし、ユーザーが最終的に正常にファンを使用することができ、生産作業に影響がないように確保できます。また何かファンのメンテナンスに関する問題があれば、プロの遠心ブロワメーカーに連絡してください。

                  展開
                  榆林那个宾馆有好货

                    <sub id="f779l"></sub>
                          <span id="f779l"><video id="f779l"><big id="f779l"></big></video></span>

                            <pre id="f779l"><thead id="f779l"><big id="f779l"></big></thead></pre>
                            <track id="f779l"></track>
                            <em id="f779l"><menuitem id="f779l"><nobr id="f779l"></nobr></menuitem></em>

                            <menuitem id="f779l"></menuitem>

                            <delect id="f779l"><address id="f779l"></address></delect>