榆林那个宾馆有好货

    <sub id="f779l"></sub>
          <span id="f779l"><video id="f779l"><big id="f779l"></big></video></span>

            <pre id="f779l"><thead id="f779l"><big id="f779l"></big></thead></pre>
            <track id="f779l"></track>
            <em id="f779l"><menuitem id="f779l"><nobr id="f779l"></nobr></menuitem></em>

            <menuitem id="f779l"></menuitem>

            <delect id="f779l"><address id="f779l"></address></delect>

                  ニュースセンター

                  ニュースセンター

                  ホーム > ニュースセンター

                  空気清浄機の正しい洗浄方式

                  発売日:2016-07-27      クリックして:

                  空気浮遊遠心式ブロワは長い間使用された後、一定の洗浄作業が行われることを知っています??諝荬胃∵[遠心式ブロワを徹底的に洗浄するためには、ファンを解體する必要があります??諝輵覞徇h心式ブロワの內部構造が複雑で、洗浄作業に困難があります??諝荬胃∵[遠心式ブロワを正確に洗浄する方法が重要です。


                  ファンを取り外します。まずケースとベアリングボックスを取り外します。この二つの部分を先に取り外さないと、ファン全體の洗浄ができません。第二に、私達は洗濯の過程で特に注意しなければならないのはモーターを直接風機の部分に伝動して分解掃除をしてはいけません。モーターの焼損の機械的故障を防ぐためです。


                  セットファン:まず、ペアの斜めパッドを使って、それをベースに置いて、次に洗浄するかそれともエア懸濁遠心ブロワを組み立てるかに関わらず、その調整機構を検査して、回転の柔軟性を確認します。

                  正しい洗浄方法を徹底してこそ、ファンの正常な使用を保証し、生産作業に影響がないように確保することができる。

                   


                  ※裝備置物を設置して運転する前に、以下のようにする必要があります。

                   

                  1:起動前に、ファンの送風口の配管の各バルブと池の外の水位が常に運転する水位の違いを確認する必要があります。

                  2:起動前にファンの運転形式が要求の運転形式の相違を取るかどうかを確認する必要があります。もし相違がないなら、ユーザーマニュアルに従って調停してください。

                  3:起動前にファンが運転頻度を取るのが正しいかを確認する(現場の理論狀況により1%-99%の間で調整している)。

                  4:始動時に圧力発散弁の件が一般的かどうかを確認する。

                  5:起動時にタッチパネルの運転データが一般的ではないかを検査します。

                  6:運転中にファンの音が非常に大きいかを確認します。


                  展開
                  榆林那个宾馆有好货

                    <sub id="f779l"></sub>
                          <span id="f779l"><video id="f779l"><big id="f779l"></big></video></span>

                            <pre id="f779l"><thead id="f779l"><big id="f779l"></big></thead></pre>
                            <track id="f779l"></track>
                            <em id="f779l"><menuitem id="f779l"><nobr id="f779l"></nobr></menuitem></em>

                            <menuitem id="f779l"></menuitem>

                            <delect id="f779l"><address id="f779l"></address></delect>